敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
実は知らない敏感肌とアトピー肌の化粧品選びの鉄則
敏感肌・アトピー肌なら絶対覚えておきたいスキンケアの3ヶ条
HOME » 正しい肌ケアのための基礎知識 敏感肌編 » 正しいスキンケアの方法

正しいスキンケアの方法

敏感肌の方は洗顔回数を少なくした方が良いと言われていますが、古い角質や余分な皮脂がたまると、しみ・くすみをはじめ、さまざまな肌トラブルの原因となります。

敏感肌を改善するにはクレンジングや洗顔できちんと汚れを落とたうえで、効果の高い化粧品でケアすることが大切です。

こちらのページでは、敏感肌のためのクレンジング・洗顔方法について紹介します。

敏感肌のクレンジング

敏感肌の方には、クリームや乳液タイプのクレンジングをおすすめします。オイルタイプに比べると洗浄力は弱くなりますが、界面活性剤の使用量が少ないため、肌への刺激を少なくすることができます。

また、天然の界面活性剤を使用したクレンジング、界面活性剤を配合していないものを使用するのも良いでしょう。

そして、クレンジング剤が肌になじんだら素早く洗い流すことが大切です。肌にクレンジング剤が留まる時間は出来るだけ短くすることで肌への負担を軽減できます。

洗顔料の選び方と洗顔のポイント

汚れをしっかり落とそうとして、こすり過ぎると肌に刺激を与え、メラニンが増えて色素沈着の原因になります。洗顔の際には、洗顔料を良く泡立て、泡で肌をなでるようにして洗います。

ネットなどを使用し、キメ細かい泡を作り、泡でマッサージするように洗うと良いでしょう。最初に皮脂が多めのTゾーンを、次に、ほほやあごなどのUゾーン、最後に目元と口元の皮膚がデリケートな部分を洗います。

その後は、洗顔料が肌に残らないようにしっかりすすぎ、柔らかめのタオルで顔を押さえるようにして水気を拭き取りましょう。

なお、洗顔料には固形石鹸をおすすめします。固形石鹸は界面活性剤を配合しておらず、石鹸成分が洗浄剤となっていますので、敏感肌には刺激が少ないです。

ただし、固形石鹸の中にも刺激の強い成分を使用しているものもあるので、JISマークが付いた純石鹸を選ぶようにしてください。

洗顔後の保湿ケアが大切

クレンジング後や洗顔後には手早く保湿することが大切です。その後は、保湿効果の高い基礎化粧品でケアをしてください。

保湿するのは肌の表面ではなく、肌の内側の角質層です。角質層には、天然保湿因子やセラミドで構成された角質細胞や角質細胞脂質が存在します。

そのため、天然保湿因子やセラミドが配合された基礎化粧品で保湿ケアをすることで、肌に潤いを与えることができます。

なお、基礎化粧品をつける際には、手で顔を包み込むようにしてなじませると、浸透性が高くなり、刺激も少なくてすみます。

デリケート肌さんにおすすめの化粧品