敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
実は知らない敏感肌とアトピー肌の化粧品選びの鉄則
敏感肌・アトピー肌なら絶対覚えておきたいスキンケアの3ヶ条
HOME » 正しい肌ケアのための基礎知識 アトピー肌編 » アトピーになってしまう原因は?

アトピーになってしまう原因は?

こちらのページでは、アトピー性皮膚炎の原因や症状について解説しています。

アトピー性皮膚炎の症状とは

アトピー性皮膚炎は、「痒みや痛みのある湿疹が出て、増悪と寛解を繰り返す」ことが特徴となっています。

強い痒みを伴い、湿疹、赤みを帯びた湿疹、盛り上がったような湿疹、水分を含む湿疹、シコリのような湿疹など、さまざまなタイプの湿疹があらわれます。

顔、耳、首、わきの下、ひじ、腿の付け根、ヒザ周りなどに症状があらわれ、良くなったり悪くなったりを繰り返します。

特に、アレルギーの素因を持っている家系であると症状が出やすくなります。また、生まれつき「IgE抗体」というアレルギーに関連する免疫物質を生成しやすい体質である方はアトピーを発症しやすいです。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピーの原因としては、バリア機能の低下、ダニ、ほこり、カビ、動物の毛、花粉、食物などのアレルゲン、乾燥、汗、摩擦、傷、洗剤、化粧品などが考えられます。

その他、睡眠不足、疲労、ストレスなどが原因で発症することもあります。

このように、アトピー性皮膚炎の原因は、大きく体質的なものと生活環境によるものに分けられます。一つの原因でアトピー性皮膚炎を発症するケースは少なく、体質と環境による原因が複数重なると、症状が出てくることがほとんどです。

また、人によって、体調によって、症状や悪化する原因は大きく異なります。例えば、同じ化粧品や洗剤を使用しても、症状が出る時と出ない時があります。また、人によって合わない化粧品が異なります。

やはり、これはアトピー性皮膚炎が、複数の要因が重なって発症するからであると考えられます。

アトピーを発症すると

肌には外部からの刺激から保護するバリア機能が備わっています。そのため、体内への雑菌の侵入を防ぎ、肌の水分量を一定に保つことができます。

アトピー性皮膚炎を患うと、バリア機能が低下するため、細胞の隙間を埋める角質細胞間脂質や水分保持機能を持つ天然保湿因子が少なくなり、角層のバランスが崩れ、刺激やアレルゲンに弱くなります。

そして、肌にアレルゲンが侵入すると、免疫細胞が働き、ヒスタミンが生成され、炎症へと繋がります。痒みが強くなり、掻きむしることで、どんどんバリア機能が破壊されていきます。

アトピー性皮膚炎は乳幼児に発症するケースが多く、年齢と共に症状が軽くなっていきます。しかし、近年は大人になってもアトピーに悩まされるケースや完治したと思っても再発するケースもあります。

また、乳幼児の場合、頭や顔に症状があらわれ、幼児期になると身体や下肢へ広がり、肌が乾燥しやすくなります。思春期以降になると、顔、胸、背中、ひじなどの上半身に症状があらわれる傾向にあります。

デリケート肌さんにおすすめの化粧品