敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
実は知らない敏感肌とアトピー肌の化粧品選びの鉄則
敏感肌・アトピー肌なら絶対覚えておきたいスキンケアの3ヶ条
HOME » 正しい肌ケアのための基礎知識 アトピー肌編 » 正しいスキンケアの方法

正しいスキンケアの方法

アトピー肌の人は、化粧品の選び方から使用方法まで気をつけなければいけません。

誤った知識では、アトピー肌を悪化させてしまいます。ここでは、アトピー肌の人が取るべきスキンケア方法を紹介します。

また、実際にどのようなスキンケアを行えばいいのか、一日のシチュエーションごとに説明していきます。

初めに大切なポイントを解説

アトピー肌の人が知っておきたいキーワードは、「保湿力」と「低刺激」です。

保湿力の高い化粧品であれば、アトピー肌の人でも安心して使えます。

また、肌荒れを起こさないためにも低刺激のものを選んだほうがいいです。

いかにうるおいを与えてダメージを与えないかが、アトピー肌の人にとって大切なポイントといえます。

保湿力が重要な理由

アトピー肌の人は、肌にうるおいがなく、常に乾燥状態が続いています。そのため保湿力をいかに高めるかが、アトピー肌の人にとって重要です。

肌には水分を保持する力と、外部刺激から守るバリア機能があります。

この役割を担っているのがセラミド(細胞間脂質)であり、肌の角質層に存在します。

アトピー肌の人は、セラミドの不足により水分保持力とバリア機能が低下してしまうので、保湿することが大切です。

低刺激のものを選ぶ理由

化粧品に含まれる添加物や化学成分は、アトピーの刺激になる恐れがあります。

たとえば化粧品には、塗った後にベタつかないようにエタノールが配合されています。

しかし、エタノールはアルコールの一種であるため、肌への刺激が強いのが欠点です。

さらに鉱物油が含まれていないのかも確認しましょう。鉱物油は石油が原料であり、肌を保護する効果があります。

しかし、その効果が強すぎて毛穴が詰まってしまう場合もあります。毛穴が詰まると体内で皮脂を生み出す力が弱くなり、代謝不良の影響で肌も乾燥してしまうでしょう。いくら保湿力が高くても、添加物や化学成分の刺激により肌トラブルにつながります。

こういった肌トラブルにならないために、アトピー肌の人が化粧品を選ぶ際には、低刺激のものを選んだほうがいいです。

パッチテストをしてみよう

自分にとって低刺激の化粧品を見つけるためにも、パッチテストを行ったほうがいいです。

パッチテストには、商品の説明書に書かれている方法と、皮ふ科に行って検査する方法があります。

皮ふ科の検査のほうがより正確ですが、ここでは自宅でもできるやり方を紹介します。

  1. 化粧品を二の腕の内側に塗って、24時間後に赤みが出ていないか確認
  2. 二の腕に異常が見られなければ、同様の方法で顔周りにも塗る

別の方法としてばんそうこうのガーゼに化粧品を塗って肌に貼り、二日間様子を見る方法も簡単でおすすめです。

普段の生活のシチュエーションで気を付けること!

アトピー肌の人は、普段の生活ではどういった点に気を付ければいいのかをみていきましょう。ここでは、一日を通してアトピー肌の方が気を付けるべき行動を紹介します。朝の起床時から夜の入浴後まで、シチュエーションごとに説明していきます。

朝に気を付けるべき事

朝起きたら、まず洗顔をすると思います。アトピー肌の人が洗顔をするときには、どのようなポイントがあるのかをみていきましょう。

アトピー肌と洗顔の関係性や洗顔時のコツなど、知っておきたい情報を紹介します。

朝の洗顔

アトピー肌の人にとって洗顔やクレンジングは負担大です。

洗顔やクレンジングには、洗浄成分として界面活性剤が含まれています。

界面活性剤入りのスキンケア商品を使っていると、メイクや汚れだけではなく、皮脂やセラミド(角質層の細胞間脂質)まで洗い流されてしまいます。

そのため、洗顔時には界面活性剤が入っていないものを使用しましょう。

また、摩擦によっても肌が荒れやすくなります。メイクや汚れを力んで落としてしまうのは、洗顔のやり方として間違っています。特にアトピー肌の人は、症状が悪化しやすいため十分注意してください。

洗顔のコツとして、以下の3つを押さえておきましょう。

  1. スキンケア商品をしっかりと泡を立てる
  2. 目元は乾燥しやすいため、最後に洗う
  3. ぬるま湯でしっかりすすぐことを意識する

低刺激のスキンケア商品を使用して、優しくこすらないような洗顔の仕方が望まれます。

お昼に気を付けるべきこと

昼は外に出歩くため、紫外線が気になります。特に春先から夏の終わりにかけて、肌を紫外線から守る必要があります。アトピー肌の人が覚えておきたい、紫外線対策のコツをみていきましょう。

紫外線対策の必要性

皮ふには、細菌やウイルスの侵入を防ぐ免疫システムが備わっています。

しかし紫外線を浴び続けると、皮ふの免疫システムが低下して、バリア機能を壊してしまうでしょう。

そのため、アトピー肌の人は紫外線対策の必要があります。

紫外線対策のコツとして、直射日光を浴びない点が重要です。

夏は特に紫外線が強いため、外出の際に物理的な対策を行いましょう。

服装に考慮して日傘を使うだけでも、紫外線対策になります。ただし、無理に長袖を着ると、汗によりアトピーの症状を悪化させてしまいます。

そこで肌の露出が多くなる時期には、日焼け止めを使用しましょう。

日焼け止めも成分に注目して選びましょう

SPF値(紫外線防御指数)が高すぎると肌への負担も大きくなるので、SPF値は30程度で構いません。

また、日焼け止めを選ぶ際には、紫外線散乱剤配合のものを使用したほうがいいです。紫外線予防として大切な成分なので、ぜひ覚えておきましょう。

夜に気を付けるべきこと

夜の入浴は、肌に付いている化粧品を落とす重要な場面です。特にアトピー肌の人は、いかに肌にダメージを与えず、きれいに化粧品を落とすかが大切です。アトピー肌を悪化させないスキンケア方法について紹介します。

せっけんに関して

朝の洗顔と同じく、スキンケア商品をしっかり泡立てましょう。
せっけんを使用する場合は、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが主成分のものであれば皮脂やうるおいを奪いすぎてしまう心配がありませんのでおすすめです。
また泡立てに関しておすすめの方法が、ペットボトルに液体せっけんを入れて、フタをしてからよく振ってみてください。
せっけんが簡単に泡立つのでおすすめです。

洗う時と流すときのポイント

目の粗いタオルなどを使用しないほうがいいです。
できれば手で優しく洗いましょう。指の腹を使った洗い方ならば、より肌へのダメージを減らせます。
せっけんが残っていると、それだけで刺激になりますので、流すときはしっかり流し切ることも大切です。

湯船に関して

湯船に入るときは、長時間つかることや高温のお風呂も避けましょう。
肌のバリア機能が低下して、乾燥やアトピーにつながりやすいとされています。
半身浴なども長時間の入浴になりやすいため、できれば控えたほうがいいです。

入浴後のスキンケアが一番大切!!

入浴後のスキンケアが一番大切です。

なぜならば、入浴後の肌からはどんどん水分が逃げていき、肌にうるおいを与える保湿成分が流れ出てしまうからです。

体をタオルで拭いてから15分後には、入浴前と同じくらいの肌の水分量になるともいわれています。

そのため、できれば5分以内、遅くとも15分以内にはスキンケアをしたほうがいいです。

髪を乾かすよりもまず、肌にうるおいを与えてください。

スキンケア方法

それでは、実際のスキンケア方法をみていきましょう。まず、化粧水を肌にしっかりとなじませます。

このとき、商品に記載されている使用量を一度に使うのではなく、2~3回に分けて手に取ったほうが肌にも優しいとされています。

次に、保湿成分のある美容液などを塗っていきましょう。

こすらずに、手のひらで押し込むような感覚が理想です。

最後に、乳液またはクリームで肌のうるおいが逃げないようにします。アトピー肌の人は、多めに使いすぎないように気をつけましょう。

入浴後すぐにスキンケアを行えば、肌を乾燥から守れます。スキンケアのポイントは朝のお手入れと同様で、いかに肌を傷つけない使い方を心がけて、保湿力の高いアイテムを使うかが重要です。アトピー肌の人は、特に低刺激のものにこだわる必要があります。

 アトピー肌のスキンケアに関するまとめ

アトピー肌の人にとって、肌に優しい化粧品との付き合い方が大切です。化粧品によって、保湿力や刺激性が異なります。保湿力が高くて低刺激のものを選んで、肌を優しくいたわる手入れ方法を心がけましょう。

「保湿力」と「低刺激」という2つのキーワードを覚えておくだけで、快適なスキンケアを行えます。自分の肌に合う化粧品を見つけて、いつまでもきれいな肌でいられるようにしましょう。

>>低刺激と保湿力に優れているおすすめのスキンケア化粧品をいろいろ見てみる

デリケート肌さんにおすすめの化粧品