敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
実は知らない敏感肌とアトピー肌の化粧品選びの鉄則
敏感肌・アトピー肌なら絶対覚えておきたいスキンケアの3ヶ条
HOME » 正しい肌ケアのための基礎知識 アトピー肌編 » 正しいスキンケアの方法

正しいスキンケアの方法

こちらのページでは、アトピー肌のためのスキンケア方法について解説しています。

アトピー肌のクレンジング

アトピー肌の方はクレンジングや洗顔に特に力を入れ、汚れをしっかり落とすことが大切です。

しかし、クレンジング剤や洗顔料の多くには、洗浄力の強い界面活性剤が含まれているため、このようなもので洗顔すると肌に必要な物質まで流されてしまいます。

アトピーの方には、石鹸だけで落とせる軽めのメイクをおすすめしますが、紫外線が強い時期はファンデーションを塗るようにしましょう。

もし、ファンデーションや日焼け止めを塗った場合は、ミルクタイプなどの低刺激のクレンジング剤でメイク汚れを落としましょう。

このとき、クレンジング剤はたっぷり使うようにします。少ない量では、肌の上で手が滑らなくなり、摩擦を生じてしまうからです。そして、手のひらで十分に温めてから肌になじませることで、刺激を最小限に抑えられます。

アトピー肌の洗顔

皮脂が酸化するとアトピー悪化の原因となるため、洗顔石鹸で優しく洗い流すようにしてください。

アトピー肌には、無添加の洗顔石鹸をおすすめします。洗顔石鹸は天然の界面活性剤を使用しているため、肌に優しい仕様となっています。

洗顔石鹸をしっかり泡立て、皮脂が多めのTゾーンから頬にかけて洗い、最後に目元を優しくなでるようにして洗います。

洗顔の際には、肌に指が触れないように、泡の上から撫でるようにしてください。その後は、ぬるめのお湯で石鹸が残らないようにすすぎ、柔らかめのタオルで顔を押さえるようにして水気を取ります。

なお、アトピー肌の方は、洗顔は二度洗いではなく、一度にとどめるようにしてください。

アトピー肌にはしっかりした保湿ケアを

アトピー肌は、水分保持力が低下し、乾燥しやすいため、炎症を起こしやすくなっています。そのため、保湿をしっかりすることが大切です。

アトピー肌には肌を保護し、異物の侵入を防ぐタイプと水分を保持するタイプの2種類の保湿が必要です。

炎症やかゆみが起こると、掻きむしってしまい、角質層にさらにダメージを与えることになります。これにより、さらにバリア機能が低下し、乾燥しやすくなります。そのため、肌表面を保護するワセリンなどの保湿剤をおすすめします。ワセリンは肌表面を保護し、水分の蒸発や異物の侵入を防止します。

そして、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などで、水分を抱え込むように保持させ、セラミドなどで水分をはさみ込んで保持させると良いでしょう。

アトピー性皮膚炎は角質層のセラミドが不足した状態となっているため、特にセラミドを補うことが有効です。そして、天然セラミドまたはヒト型セラミドが配合されたものがおすすめです。

デリケート肌さんにおすすめの化粧品