敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
実は知らない敏感肌とアトピー肌の化粧品選びの鉄則
敏感肌・アトピー肌なら絶対覚えておきたいスキンケアの3ヶ条

肌のバリア機能を高める

女性のイラスト

敏感肌・アトピー肌と言っても、一人ひとり程度や症状が異なります。しかし、化粧品などの外部刺激により、肌にダメージを受けやすいという共通点があります。

特に、敏感肌は乾燥が原因となっていることが多く、肌が極度に乾燥すると、かゆみや炎症なども起こしやすくなっています。この場合、セラミドなどを補い、肌の水分を高めることが必要です。

また、乾燥肌やアトピーは、生まれつきの体質が原因となっていることもありますが、間違ったスキンケア、合わない化粧品が原因で、発症したり、悪化するケースも多いです。

原因がわかれば、それに対処することも可能ですので、肌質で悩んでいるのであれば、皮膚科医を受診してみることもおすすめします。

肌バリアのためにも潤いを与える

肌の角質層には、バリア機能が備わっており、水分の蒸発を防止したり、紫外線などの外部刺激から肌を保護することができます。

しかし、敏感肌・アトピー肌の方は、このバリア機能が低下、あるいは破壊されているため、乾燥しやすく、外部刺激により肌がかぶれやすくなっています

敏感肌・アトピー肌の方はそれぞれ合う成分、合わない成分があるため、化粧品選びが難しいことと思います。

まずは、保湿力が高く、低刺激の化粧品で、肌へ水分を補給していきましょう。肌をしっかり保湿することでバリア機能を高めることができます。

敏感肌・アトピー肌の化粧品選び

前述のように敏感肌・アトピー肌には刺激の少ないスキンケア用品をおすすめします。

オイルタイプや拭き取りタイプのクレンジング剤は刺激が強く、肌に必要な成分も落としてしまいます。敏感肌の方には、低刺激のミルクタイプのクレンジング剤が適しています。

洗顔については、合成界面活性剤を使用していない無添加石鹸が良いでしょう。

化粧水や乳液は、保湿を重視しながら自分の肌質に合ったものを選びましょう。特に、高い保湿力を持つセラミドを配合したものが良いでしょう。セラミドを補うことで、水分保持機能とバリア機能を高めることができます。

さらに、化粧水や乳液の浸透率を高めるためには、低刺激の導入美容液を使用することをおすすめします。

デリケート肌さんにおすすめの化粧品