敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
実は知らない敏感肌とアトピー肌の化粧品選びの鉄則
敏感肌・アトピー肌なら絶対覚えておきたいスキンケアの3ヶ条

刺激が少ない

女性のイラスト

敏感肌やアトピー肌の方は、普通肌の方が問題なく使用できる成分でもかぶれてしまうことがあります。

現在、界面活性剤、防腐剤、香料など、103種類の成分が、アレルギーを起こす可能性のあるものとして商品の成分欄に表示することが義務付けられており、これらを表示指定成分と言います。

敏感肌・アトピー肌の方はこれら表示指定成分が配合されていない化粧品を選ぶことをおすすめします。

敏感肌には低刺激の成分がおすすめ

近年は、低刺激、無添加、敏感肌用など、肌が弱い方向けの化粧品が多数販売されており、これらの化粧品には表示指定成分は使用されていません。

しかし、表示指定成分以外にも刺激の強い成分があり、無添加商品や敏感肌用の化粧品に使用されていることもあります。

そのため、無添加、敏感肌用であっても、初めてその化粧品を使用する場合には、パッチテストを行い、かぶれが起こらないことを確認してから使用を開始してください。

合わない化粧品を使用すると…

肌に合わない化粧品を使用すると、痒み、赤み、腫れ、痛みを感じたり、ニキビや吹き出物ができたりします。化粧品を使用したらすぐに、このような症状があらわれる場合もあれば、使用し続けるうちに徐々に症状が出てくる場合もあります。

また、体調の良い日には問題なく使用できても、体調が悪い日にはアレルギー症状が出ることもあります。

なお、新しい化粧品を使用して、肌に何らかの変化が現れた場合、その化粧品の使用を中止するようにしてください。

もし、化粧品でかぶれてしまった場合、どの成分が合わなかったのか特定することが大切です。しかし、配合成分が多い場合、どの成分が合わないのかわからないこともあるでしょう。

その場合、使用した化粧品を持って、皮膚科医に相談すると良いでしょう。

皮膚科では、どの成分が合わないのか、どの成分の組み合わせが良くないのか見極めることができるかもしれません。

敏感肌・アトピー肌にオススメの成分「アロエベラ」

アロエベラはユリ科の植物で、ヌルヌルした葉肉を豊富に含んでいます。この葉肉の部分に、ビタミン類、ミネラル類、酵素、多糖類、アミノ酸をはじめ数多くの成分が含まれており、さまざまな健康効果や美容効果があります。

具体的には、保湿効果、美白効果、肌のひきしめ、殺菌。消炎作用、紫外線防止、新陳代謝促進、免疫アップ効果などが備わっています。

特に、アロエベラの殺菌・抗炎症作用、新陳代謝の促進、免疫力アップ効果で、敏感肌やアトピー肌を正常に回復させることが期待できます

デリケート肌さんにおすすめの化粧品