敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
実は知らない敏感肌とアトピー肌の化粧品選びの鉄則
敏感肌・アトピー肌なら絶対覚えておきたいスキンケアの3ヶ条

ニキビ

ここでは、敏感肌・アトピー肌の方がニキビができてしまった時の対処法について解説します。

ニキビとアトピーが同時発症すると

ニキビは、皮脂が過剰に分泌され、過剰な皮脂が毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が発生することで発症します。皮脂が過剰に分泌される原因には、食生活、ホルモンバランスの異常、ストレス、寝具やメイク道具の汚れなどが挙げられます。

特に、アトピーとニキビが同時に発症した場合、アトピーの誤った治療法によりニキビを悪化させることがあります

アトピーの場合、ステロイドやワセリンなどで治療をすることが多くなっています。ステロイドは免疫力を低下させることで、細菌に感染させながら皮膚を改善させていきます。このステロイド剤は、アクネ菌を増殖させやすくするものであるため、顔に使用する際には注意が必要です。

そして、ワセリンは油分で肌を保湿させるものであるため、アトピー肌の保湿には有効です。しかし、油分が毛穴を塞いでしまうと、皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、アクネ菌増殖の原因となります。

アトピー肌にはヨード消毒液がおすすめ

アトピー肌のニキビ治療には消毒することが最も有効です。アトピーと言うと、ステロイドなどの薬が効果的と思われがちですが、ステロイドを使用しなくとも原因菌をブロックさえできれば炎症を抑えることが可能です。

アトピーは黄色ブドウ球菌、ニキビはアクネ菌が増殖することで悪化します。そして、これら両方の菌にはヨード消毒液が有効です。皮膚に塗り、5分ほど放置した後に水で流すことをおすすめします。

ヨード消毒液は低刺激であるため、敏感肌やアトピー肌にも安心して使用できます。ただし、ヨード消毒液は細胞に有効な菌も殺してしまう可能性があるため、皮膚に長時間浸すことは避けてください。

ニキビを改善するためには

アトピーと同時にニキビを発症すると、アトピーのかゆみに我慢できずに掻いてしまい、ニキビ跡が残ってしまうこともあります。例え痒みがあっても掻かずに我慢することが大切です。

また、原因菌をブロックするだけではなく、体質改善をすることも大事です。

生活習慣の改善や保湿などを根気よく続けることで、アトピーとニキビを改善することも可能です。その他、抗酸化作用のある成分が配合されたサプリメントを飲むのも良いでしょう。

デリケート肌さんにおすすめの化粧品