敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
実は知らない敏感肌とアトピー肌の化粧品選びの鉄則
敏感肌・アトピー肌なら絶対覚えておきたいスキンケアの3ヶ条

しみ・くすみ

こちらのページでは、敏感肌・アトピー肌のしみ・くすみ対策について解説します。

敏感肌・アトピー肌のしみ・くすみの原因

敏感肌・アトピー肌の方は、肌のバリア機能が著しく低い状態で、保水力を保持できず、外部刺激から肌を保護できない状態になっています。

この状態の肌は、紫外線の影響を受けやすくなっているため、紫外線を浴びると、メラニンが生成され、しみやくすみが発生します。

また、敏感肌・アトピー肌の方は、同時に乾燥肌であることも多くなっています。肌が乾燥していると、肌の新陳代謝が低下するため、メラニンがスムーズに排出できません。そのため、メラニンが蓄積され、シミやくすみとして残ってしまいます。

敏感肌・アトピー肌の方は保湿ケアを重点的に行う

乾燥肌・アトピー肌のしみ・くすみ対策は、保湿ケアをすることです。

保湿効果の高い化粧品は、保湿成分の浸透性を高めることを重視しながら開発されています。しかし、バリア機能が低下している場合、保湿成分を肌の奥まで浸透させることが難しく、たとえ浸透したとしても水分が蒸発しやすくなっています。

つまり、肌のバリア機能を正常化させなければ、保湿ケアをする意味がないということです。

敏感肌・アトピー肌の方は肌のバリア機能が弱っているため、保湿成分が配合されているだけではなく、バリア機能を正常化させる効果が備わっている化粧品でケアする必要があります。

バリア機能が正常化すれば、水分をしっかり保持でき、肌に潤いと透明感を取り戻すことができます。

そのためには、セラミドなどバリア機能を正常化させる成分が配合されている敏感肌用保湿化粧品でケアすることをおすすめします。

紫外線対策もしっかりと行う

敏感肌・アトピー肌は、紫外線の影響を受けやすいため、紫外線対策を行うことも大切です。

例えば、紫外線吸収剤が配合されていない日焼け止めなどがおすすめです。このタイプの日焼け止めは低刺激でありながら、紫外線を防止する作用もあるため、肌が弱い方も安心して使用できます。

そして、日焼け止めは顔全体に均一に塗ることが大切です。塗り方にムラがあると、部分的に日焼けしてしまい、しみやくすみがの凝りやすくなりますので注意が必要です。

デリケート肌さんにおすすめの化粧品