敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
実は知らない敏感肌とアトピー肌の化粧品選びの鉄則
敏感肌・アトピー肌なら絶対覚えておきたいスキンケアの3ヶ条

べたつき

こちらのページでは、敏感肌・アトピー肌のべたつきへの対処法について紹介します。

ベタツキの原因は乾燥であることが多い

敏感肌やアトピー肌の方で、肌のべたつきが気になる方もいるでしょう。このような場合、べたつきが気になるからと言って、保湿ケアを十分にしない方もいるようですが、それは間違いです。

というのは、乾燥が原因で、肌が乾燥を抑えるために逆に皮脂を多く分泌していることも多いからです。特に、敏感肌やアトピーの方は肌が乾燥しやすい傾向にあるので、しっかり保湿することが大切です。

特に、アトピー肌の方は体内でセラミドの量が少なくなっているため、肌内部の水分保持力も低く乾燥しやすくなっています。そのため、敏感肌・アトピー肌の方はセラミドを補うことをおすすめします。

セラミドの種類について

セラミドにはセラミド1, 2, 3, 4, 5 ,6-1, 6-2の7種類があります。このうちのセラミド1は人間の肌に存在するセラミドと同じ構造を持っており、バリア機能を強化する作用があります。水分保持機能の向上、アンチエイジングに適した成分です。

他の6種類のセラミドは保湿のために働きかけます。

基礎化粧品に配合されているものの多くは、セラミド2、セラミド3、セラミド6です。

セラミドには天然、植物性、合成の3タイプにも分類できます。天然セラミドは、動物性のもので7種類のセラミドすべてを含んでおり、浸透性に優れています。

植物性のセラミドも天然のものには変わりありませんが、人間の肌にあるセラミドと構造が異なるため、動物性のセラミドに比べると浸透性は劣ります。

合成セラミドは、人工的に作られたもので、保湿力は天然セラミドの7分の1と言われています。アトピー肌はセラミド1が不足しているため、天然セラミドを補うことをおすすめします。

ベタツキを解消するには?

敏感肌やアトピー肌の方で小鼻周りがベタツクという方もいるでしょう。もともと小鼻周りは皮脂の分泌量が多いため、べたつきやすくなっています。

洗顔で余分な皮脂を除去することでベタツキを解消できますが、敏感肌・アトピー肌には洗浄力の強い洗顔フォームで強い刺激を与えてしまう可能性があります。

肌が弱い方は、低刺激の固形石鹸を泡立てて、泡で優しく洗うことをおすすめします。さらに、固形石鹸を水で薄めたものを肌になじませるようにして洗えば、さらに刺激を抑えることができます。

また、Tゾーンのべたつきが気になる場合、重層で洗顔する方法もおすすめです。

重曹と水を1対9の割合で混ぜたものをガーゼなどに浸し、べたつきが気になる部分を優しく拭いていきます。これだけで、古い角質や余分な皮脂を除去できます。

デリケート肌さんにおすすめの化粧品