敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
実は知らない敏感肌とアトピー肌の化粧品選びの鉄則
敏感肌・アトピー肌なら絶対覚えておきたいスキンケアの3ヶ条

コラーゲン

ここでは、コラーゲンの働きや効果についてまとめています。敏感肌・アトピー肌の方はぜひ参考にしてみてください。

コラーゲンはどのような働きをするのか?

コラーゲンは、たんぱく質の一種で、骨、血管、肌に存在し、細胞間を繋いでいます。コラーゲンは弾力のある成分で、肌においてはハリや弾力を与え、身体においては、関節の動きを滑らかにする、骨を強くする、動脈硬化予防などの効果があります。

肌では、真皮の7割程度がコラーゲンで占められており、真皮内に網目状のネットワークが張り巡らせられることで、肌の弾力を維持します。また、コラーゲンは基底膜にも存在し、真皮から表皮へと栄養素を届けています。

コラーゲンの体内量が減少すると、肌からハリや弾力がなくなり、しわやたるみなどさまざまな肌トラブルを生じるようになります。

コラーゲンは体の中でアミノ酸を原料として作られる成分で、ヒトの体の中にあるタンパク質の3割を占めていると言われています。食事などから吸収されたタンパク質を消化酵素が分解、ヒドロキシプロリンと呼ばれるアミノ酸などをもとにコラーゲンが作られています。 いったん体内で生成されたコラーゲンは、時間が経つとアミノ酸に再び分解されます。分解されたコラーゲンは、血液を通って尿から排出されてしまいます。その後、また新しいコラーゲンが合成されるというサイクルを繰り返しています。

そのため、コラーゲンを合成し続けるためには、コラーゲンの原料となるアミノ酸をしっかりと食事などから補給することが大切なのです。

細胞外マトリックスの主要構成成分であるコラーゲンは,整体を構成する全タンパク質の約1/3をしめる最も多い構造タンパク質で,線維芽細胞により繊維形成が営まれている.〜中略〜組織コラーゲンの生成・分解に関しては,成長や運動による組織の発育に伴い,コラーゲン繊維は当然のことながら太くなる,その際、コラーゲンは生成,集積し,一方で分解・吸収さら,形の修正が行われると考えられている.〜中略〜分解については,コラゲナーゼが働き,その後他の酵素の関与によりコラーゲンは分解を受け,血液中から尿中へと排泄される.ヒドロキシプロリンはコラーゲンに特異的に存在しているアミノ酸であるが,血中のヒドロキシプロリンは,一般に遊離型及びペプチドの形で存在し,組織コラーゲンの分解に由来すると考えられている

出典: (PDF) 「ヒトにおける血清ヒドロキシプロリン量と加齢との関係」The Annals of physiological anthropology,12(4),1993 [PDF]

年齢とともに低下すると呼ばれるコラーゲンですが、これは、コラーゲンの代謝機能が老化により衰えることが理由として考えられます。加齢とコラーゲン代謝を調べた研究では、20〜74歳までの健康な成人の血中にあるヒドロキシプロリンなどの量を比較した結果、加齢に伴いコラーゲンの原料となるヒドロキシプロリン量が加齢とともに少なくなっていたことがわかっています。

また、コラーゲンには代謝することができる新鮮な可溶性コラーゲンと、古くて硬くなった不溶性コラーゲンの2種類に分けられます。40代あたりを境に不溶性コラーゲンと可溶性コラーゲンの割合が逆転し、不溶性コラーゲン(古いコラーゲン)が多くなり、全身のコラーゲン含有量も20代と比べて40代では半分以下になってしまいます。

このように、コラーゲンは老化とともに体の中にある量が減るだけでなく、質もあたらいいものから古いものへと質が低下してしまうのです。

アトピーを改善する作用がある?

アトピー性皮膚炎は、強い痒みを伴う皮膚のアレルギー症状です。コラーゲンには、このアトピーの辛い症状を緩和する作用があると言われています。

では、コラーゲンはどのようにアトピーに作用するのでしょうか?

アトピー肌は、乾燥していて保湿力が落ちている状態であるため、保湿効果があるコラーゲンを補うことで、アトピー改善のために働きかけます。

実際に、アトピー肌の方がコラーゲンを摂取することで、乾燥肌が改善したという話も良く聞きます。

ただし、症状のあらわれ方や程度に個人差があるため、コラーゲンを補うことで必ずしもアトピーが改善できるとは限りませんし、改善度合いも異なります。

コラーゲンを肌に塗ることへの効果

コラーゲンは、肌から浸透させることは難しいと言われています。

肌には外からの異物の侵入を防ぐというバリア機能が備わっています。脂溶性の成分の中には肌への浸透性が高いものもありますが、コラーゲンは水溶性の物質であるため、肌へは吸収されにくくなっています。

しかし、コラーゲン配合の化粧品を使用することで、保湿効果は得られます。コラーゲンには水分保持機能が備わっているため、肌に潤いを与えることができます

そして、肌を保湿することで、真皮に存在する線維芽細胞が活性化され、コラーゲン線維が生成されやすくなります。

そのため、化粧品などでコラーゲンを補うことで、一定の美肌効果は期待できます。

化粧水などのコラーゲン配合コスメは、あくまでも肌の保湿をするにすぎません。しかし、ビタミンC誘導体は、コラーゲンを作り出す線維芽細胞の働きをサポートする役割を持っています。そのため、ビタミンC誘導体を含むコスメをつけば、コラーゲンが体内で生成されるのを助けることができ、敏感肌やアトピーの方の肌をより健康な肌へ導くことができるようになるのです。

アスコルビン酸はコラーゲン分子を吸い参加する酵素の穂因子として働く.また,線維芽細胞においてコラーゲンの合成及び遺伝子発現に促進的に働くという報告がある.〜中略〜マウス皮膚線維芽細胞において細胞内でのアスコルビン酸濃度の増加はコラーゲン遺伝子発現を促進すると考えられる

出典: (PDF) 「抗酸化ビタミンC, Eによるアンチエイジング(シンポジウム「ビタミン・バイオファクターでアンチエイジング」)」ビタミン,91(4),2017-18 [PDF]

スキンケア用品の中にも、ビタミンC誘導体を含むものはいろいろあります。肌トラブルを防ぎ、コラーゲンの生成を助けてくれるビタミンC。ぜひ健康で強い肌を作る上で、コラーゲンに加えてビタミンCについても効率的に補給できるよう、コスメを選んでみてはいかがでしょうか?


「ビタミンC誘導体」の詳細はこちら

デリケート肌さんにおすすめの化粧品