敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
実は知らない敏感肌とアトピー肌の化粧品選びの鉄則
敏感肌・アトピー肌なら絶対覚えておきたいスキンケアの3ヶ条

コラーゲン

ここでは、コラーゲンの働きや効果についてまとめています。敏感肌・アトピー肌の方はぜひ参考にしてみてください。

コラーゲンはどのような働きをするのか?

コラーゲンは、たんぱく質の一種で、骨、血管、肌に存在し、細胞間を繋いでいます。コラーゲンは弾力のある成分で、肌においてはハリや弾力を与え、身体においては、関節の動きを滑らかにする、骨を強くする、動脈硬化予防などの効果があります。

肌では、真皮の7割程度がコラーゲンで占められており、真皮内に網目状のネットワークが張り巡らせられることで、肌の弾力を維持します。また、コラーゲンは基底膜にも存在し、真皮から表皮へと栄養素を届けています。

コラーゲンの体内量が減少すると、肌からハリや弾力がなくなり、しわやたるみなどさまざまな肌トラブルを生じるようになります。

アトピーを改善する作用がある?

アトピー性皮膚炎は、強い痒みを伴う皮膚のアレルギー症状です。コラーゲンには、このアトピーの辛い症状を緩和する作用があると言われています。

では、コラーゲンはどのようにアトピーに作用するのでしょうか?

アトピー肌は、乾燥していて保湿力が落ちている状態であるため、保湿効果があるコラーゲンを補うことで、アトピー改善のために働きかけます。

実際に、アトピー肌の方がコラーゲンを摂取することで、乾燥肌が改善したという話も良く聞きます。

ただし、症状のあらわれ方や程度に個人差があるため、コラーゲンを補うことで必ずしもアトピーが改善できるとは限りませんし、改善度合いも異なります。

コラーゲンを肌に塗ることへの効果

コラーゲンは、肌から浸透させることは難しいと言われています。

肌には外からの異物の侵入を防ぐというバリア機能が備わっています。脂溶性の成分の中には肌への浸透性が高いものもありますが、コラーゲンは水溶性の物質であるため、肌へは吸収されにくくなっています。

しかし、コラーゲン配合の化粧品を使用することで、保湿効果は得られます。コラーゲンには水分保持機能が備わっているため、肌に潤いを与えることができます

そして、肌を保湿することで、真皮に存在する線維芽細胞が活性化され、コラーゲン線維が生成されやすくなります。

そのため、化粧品などでコラーゲンを補うことで、一定の美肌効果は期待できます。

デリケート肌さんにおすすめの化粧品