敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
敏感肌・アトピー肌のための化粧品ガイド
実は知らない敏感肌とアトピー肌の化粧品選びの鉄則
敏感肌・アトピー肌なら絶対覚えておきたいスキンケアの3ヶ条

ビタミンC誘導体

ここでは敏感肌・アトピー肌におすすめの成分、ビタミンC誘導体の特徴と効果について紹介しています。

ビタミンC誘導体とは

厚生労働省では、1日のビタミンCの推奨摂取量を100mgと定めています。ただし、肌への効果を得るためには1000mgの摂取が必要です。

また、食事から摂取したビタミンCは脳や肝臓の機能を維持するために使用され、肌にどのぐらいの効果があらわれるのかはわかっていません。

ビタミンCは肌への吸収率が悪いため、肌に直接塗ってもほとんど効果は得られません。そのため、肌への吸収力を高めるためにビタミンCを加工し、ビタミンC誘導体を作り出しました。

また、ビタミンCは不安定で、酸化しやすいという面もあり、化粧品などに配合しても、バリア機能が働いて、肌の内部には吸収されません。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCに分子を付着させることで、肌の角質層に浸透しやすくしたもので、体内で酵素の働きによりビタミンCに変わります

ビタミンC誘導体の敏感肌・アトピー肌への効果

ビタミンC誘導体は角質層に届けられると、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを解消。色素沈着を防ぎます。また、コラーゲンの生成を促す作用も持ち合わせています。

さらに、ビタミンC誘導体は、抗酸化作用と、皮脂分泌を抑制する効果があるため、ニキビの改善にも有効です。

その他、メラニン色素を抑制する、コラーゲンを活性化させる、性酸素の除去、セラミド合成を活発にする、血行促進により肌のターンオーバーを正常化するなど、美肌やアンチエイジングのために働きかけます。

このように、ビタミンC誘導体はさまざまな美肌効果を持っているため、多くの化粧品に配合されています。

ビタミンC誘導体の摂取方法

ビタミンC誘導体は、直接肌につける方法をおすすめします。特に、洗顔直後にビタミンC誘導体を塗り、化粧水、乳液、美容液などを付けると効果的です。

ビタミンC誘導体の原液も販売されていますので、水で薄めて化粧水を作ってみるのも良いでしょう。自分の肌に合う濃度の化粧水を作れますので、敏感肌の方にはおすすめの方法です。

それから、コットンにビタミンC誘導体を含ませたものでパックすることで、肌の水分と油分のバランスが良くなり、美肌へとつながります。

デリケート肌さんにおすすめの化粧品